唐木仏壇について

紫檀や黒檀といった銘木と呼ばれる木の風合いを生かしたお仏壇を唐木仏壇と呼びます。
唐木仏壇の唐木とは、遣唐使が唐から持ち帰った珍しい材木というのがその名称の由来で、東南アジア産の銘木(紫檀・黒檀・鉄刀木(たがやさん)など)を指します。
唐木仏壇には、先述の東南アジア産の銘木のほか、日本の銘木(欅・桑・屋久杉・槐など)も用いられます。近年良質の天然材は枯渇しており、大変貴重となっています。
その他低価格品として、木目を転写したものや白木材を着色したものもつくられています。

唐木仏壇の構造

銘木を用いるのが特徴の唐木仏壇ですが、すべて無垢材でつくられることは稀であり、基本的に芯となる木材の表面に厚さ5mm~7mm程度の銘木の板を貼り合わせる形でつくられます。この貼り合わせる加工を『練り』といい、芯材に対して練りの面が多くなるほど唐木仏壇の質は高くなるといえます。

また、上記の練りの他、着色したもの、芯材に木目を印刷したもの、木目のシートを貼りつけたもの、突き板と呼ばれる、天然材をごく薄くスライスしたものを貼り付けたものなどがあります。

  • 白木着色
    白木着色
    白木を着色したもの
  • シート貼り
    シート貼り
    芯材に木目を印刷したシートやフィルムを貼り付けたもの
  • 天然材杢貼り
    天然材杢貼り
    薄さ0.2mmにスライスした唐木を芯材に貼り付けたもの
  • 前練り
    前練り
    芯材に対して一方向のみに唐木を貼り合わせたもの
  • 二方練り
    二方練り
    芯材に対して二方向に唐木を貼り合わせたもの
  • 三方練り
    三方練り
    芯材に対して三方向に唐木を貼り合わせたもの
  • 四方練り
    四方練り
    芯材に対して四方向に唐木を貼り合わせたもの。最高級の仕上げ。
  • 総無垢
    総無垢
    芯材を用いずすべて唐木でつくる方法。主に小型の仏具に用いられ、仏壇に使われることは稀

唐木仏壇に用いられる材木

紫檀
紫檀
黒檀と並んで、お仏壇の材料としては、最高級品の材木です。硬い木質ですが、木肌は緻密なのが特徴で、「紫」というより、どちらかといえば「赤茶」色をしています。
正倉院の唐木細工の中では最も多く見られ、古くから珍重されています。
黒檀
黒檀
インドネシアのスラウェシ島で、産出されるものが最も有名です。
本黒檀、縞黒檀、青黒檀などがありますが、お仏壇の材料としては、縞黒檀が最も用いられています。黒地に美しい木目が浮き出た、お仏壇材料としては最高級の材木です。
極めて硬く、耐久性に優れ、虫や菌に侵されにくい上、乾燥性が良いという特徴もあります。
鉄刀木(たがやさん)
鉄刀木(たがやさん)
マメ科の広葉樹。タイ、インド、ミャンマー、インドネシアなどの東南アジア原産。三大唐木の一つ。一般的にはアフリカ産の同じマメ科のウェンジが用いられます。
木材の重くて硬いさまが、まるで「鉄の刀のようだ」ということから「鉄刀木」の漢字があてられるように、硬く耐久性があり、また、柾目として使用する際に独自の美しい目が見られます。
シャム柿(黒柿)
シャム柿(黒柿)
柿の木の古木のうち、稀に心材に墨で描いたような黒い文様があらわれることがあり、そうした柿の木を黒柿と呼びますが、お仏壇には、黒柿の代用材であるシャム柿(ジリコテ)が使われます。
ムラサキ科の広葉樹であり、中南米に生育しますが、木はあまり大きくならず産出量は多くありません。
木質は重厚で、磨くと美しい光沢が出るという特長があります。
タモ
タモ
モクセイ科の広葉樹で日本の本州・北海道で産出されます。
重厚で鞭製に富んでおり、辺心材の境目は明瞭で縮み目などの美しい木目が表れることがあります。
屋久杉
屋久杉
スギ科スギ属の常緑針葉樹。屋久島に自生しているもののうち、樹齢1000年以上の杉を指します。
木目が詰まっており、樹脂分が多いため腐りにくいのが特徴です。お仏壇に使われる中でもっとも香り高い材といえます。
欅(けやき)
欅(けやき)
ニレ科ケヤキ属の落葉広葉樹。国産広葉樹の中で第一の良材として古くから様々な用途に用いられ、特に寺社建築に重用されてきました。
木目も明瞭で美しく、耐湿・耐久性に優れています。
槐(えんじゅ)
槐(えんじゅ)
マメ科イヌエンジュ属の落葉広葉樹。中国原産ですが日本でも産出されます。
彫刻・細工もののほか、床柱や框(かまち)の建築材料として使用されてきました。
桑
桑
クワ科クワ属の落葉広葉樹。心材の耐久性は非常に高く、緻密な年輪と美しい木目、そしてと磨くと光沢が出るという特徴から珍重されています。
北海道から九州に至るまで自生していますが、大径のものは少なく、実際に材として使えるものはとても限られています。

各種唐木仏壇のご紹介

小型上置用既存の台の上に設置できるコンパクトなサイズです。

小型上置用設置例   シタン調上置型 ケヤキ調上置型 黒檀製上置型
小型上置用設置例
シタン調上置型
高さ51×巾44×奥行32cm
ケヤキ調上置型
高さ48×巾37×奥行30cm
黒檀製上置型
高さ64×巾52×奥行38cm

小型直置用下台付で場所を選ばず設置できるタイプです。

小型直置用設置例   シタン調高台型 黒檀製高台型 桧(ひのき)製胴長
小型直置用設置例
シタン調高台型
高さ126×巾50×奥行47cm
黒檀製高台型
高さ144×巾52×奥行50cm
桧(ひのき)製胴長
高さ151×巾57×奥行53cm

地袋付仏間用お仏間に地袋(下部の収納)が付いている場合に最適です。

地袋付仏間用設置例   シタン調低台型 桑製低台型 黒檀製低台型
地袋付仏間用設置例
シタン調低台型
高さ135×巾62×奥行49cm
桑製低台型
高さ130×巾63×奥行50cm
黒檀製低台型
高さ135×巾71×奥行53cm

半間仏間用半間のお仏間に床から安置するのが理想です。

半間仏間用設置例   シタン調胴長 黒柿製高台型 屋久杉製胴長
半間仏間用設置例
シタン調胴長
高さ162×巾63×奥行57cm
黒柿製高台型
高さ169×巾70×奥行63cm
屋久杉製胴長
高さ166×巾70×奥行65cm

大型仏壇四尺以上のお仏間に最適です。

大型仏壇設置例   コクタン調胴長 黒檀製胴長 鉄刀木(たがやさん)製胴長
大型仏壇設置例
コクタン調胴長
高さ172×巾84×奥行70cm
黒檀製胴長
高さ173×巾86×奥行74cm
鉄刀木(たがやさん)製胴長
高さ175×巾100×奥行76cm

唐木仏壇についてのお問い合わせ

唐木仏壇についてのご質問・お問い合わせは、最寄りの三村松各店までお気軽にご連絡ください。

三村松 店舗一覧

文字の大きさ