業界ニュース

-金子みすゞの心を歌う- ちひろコンサートのお知らせ

2016.07.09

童謡詩人 金子みすゞの詩に曲を付けた楽曲を制作し、全国各地(寺院の法要での出演も多数)や海外で演奏活動・公演を行っていらっしゃる、ちひろさんの12周年コンサート
12th Memorial ちひろコンサート -Message メッセージ-
が9月4日(日)、広島市中区加古町のJMSアステールプラザ中ホールで開催されます。

詳細についてはリーフレット(画像クリックで拡大)、及びちひろオフィシャルホームページをご覧ください。

20160904_chihiro_concert_front.jpg 20160904_chihiro_concert_back.jpg

若院トラベル お念仏バスツアー 若手僧侶と行く 酒都 西条 のご案内

2016.06.19

仏教が身近に感じられる様々なイベントで布教活動に腐心されている、広島の若手僧侶で構成される"広島青年僧侶春秋会"様が、この度、
-若院トラベル-
お念仏バス ツアー 若手僧侶と行く 酒都 西条

と題して、世界に名をとどろかせる酒どころ"西条"を訪れ、街並みとその歴史に触れつつ、お酒、そして仏法に触れるツアーを企画され、参加者を募集していらっしゃいます。

日時:7月5日(火)
締切:6月30日(木) [定員に達し次第締め切り]

詳しくはリーフレットをご覧下さい。[画像クリックで拡大します]

20160705_bus_tour_front.jpg 20160705_bus_tour_back.jpg

三村松37年連続金仏壇日本一(宗教工芸新聞に掲載)

2016.06.01

おかげさまで、このたび三村松は37年連続金仏壇日本一を達成しました。
宗教工芸新聞に記事が掲載されています。

【画像クリックで拡大します】

20160601_kinbutsudan_No1.png

二胡奏者 姜 暁艶さん New アルバム "Anniversary " -浄土真宗本願寺派 第25代専如門主 伝灯奉告法要記念-

2016.06.01

国境・民族・言葉を超え、「命の尊さ・平和への願い」「慈しみの心・世界へ響け」をテーマに、アメリカや日本各地で1000回を超える仏教・医学の講演会や二胡コンサート・テレビ出演等の活発な活動をされている、二胡奏者の姜 暁艶(ジャン ショウイェン)さんのニューアルバム"Anniversary"が発売されました。

このアルバムは、浄土真宗本願寺派 第25代専如門主伝灯奉告法要を記念して制作されたもので、世界初の二胡と雅楽とシンセサイザーによる仏教讃歌が収められています。

詳細についてはリーフレットを御覧ください。(画像クリックで拡大します)

20160601_Anniversary_front.jpg 20160601_Anniversary_back.jpg

広島市仏教会が熊本地震災害募金活動

2016.05.11

5月9日・10日・11日の三日間、広島市仏教会(鈴木章純会長・曹洞宗伝福寺住職)による熊本地震災害義援金の募金活動が行われました。

広島市内各宗派(曹洞宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗本願寺派広陵西組/広陵東組、真宗大谷派、日蓮門下、臨済宗)の僧侶の皆さんが広島市内中心部八丁堀周辺の街頭に立ち、街ゆく人に募金への協力を呼びかけました。

集まった浄財は社会福祉法人中国新聞社会事業団を通じて被災者の救援活動に活用されます。一日でも早い復興を願います。

20160511_street_collection_1.png

集合場所を提供した三村松本社から街頭募金に出発される各宗派僧侶の皆さん

20160511_street_collection_2.png 20160511_street_collection_3.png

募金の呼びかけの様子

20160511_street_collection_4.png

鈴木会長と弊社社長三村邦雄
三村松も募金に協力させて頂きました

ブラジル音楽・文化交流会が開催されました

2016.05.09

20160509_pimpa_live_1.png

5月9日(月)、
"ブラジル文化と音楽交流会"
が開催されました。

昼の部は広島市南区比治山の法正寺様、夜の部は中区薬研彫のライブハウス"スマトラタイガー"で行われました。 (この記事は夜の部の様子)

19:00の開演後、始めに南米開教使としてブラジルのお寺で浄土真宗の布教活動をしていらっしゃる泉原秀様より、浄土真宗の教えがブラジルに伝わった経緯と、それが現在のブラジルでも息づいていること、ブラジルの魅力、そしてブラジルの著名なパーカッショニストのWelington Moreira Pimpa氏との出会いついての講話が行われました。

20160509_pimpa_live_2.png

講話の後は、そのPimpa氏が登場。
音楽ライブの前半は、ブラジルの伝統音楽"ショーロ"の演奏が行われました。Pimpa氏がパンデイロ(大きなタンバリンのような楽器)を巧みに打ち鳴らして紡ぎ出す、一つの楽器だとは思えないほどバリエーション豊かな有機的なリズムに乗せ、バンドリンとギターとのアンサンブルが続きます。ブラジル音楽ながら、どこか私たち日本人の琴線に触れるノスタルジックな雰囲気はやはり伝統に根ざしているからなのでしょうか。

20160509_pimpa_live_3.png

15分の休憩を挟んで、ライブの後半はジャズ。広島近辺から集まったジャズミュージシャン(今広島で話題の"Carp Jazz"のメンバーの方もいらっしゃいました)の中に、Pimpa氏はドラムで参加します。パンデイロからドラムに代わってもPimpa氏のグルーヴは健在。ハイテンションで演奏は続き、最後の曲が終わるまであっという間でした。

20160509_pimpa_live_4.png

浄土真宗と音楽を通じてブラジルという国がとても身近に感じられた一日でした。

ブラジル音楽・文化交流会のお知らせ

2016.04.23

5月9日(月)13時より、広島市南区比治山の法正寺様におきまして、
"ブラジル日系移民と真宗門徒"
と題して、ブラジルにおける浄土真宗についての講話とブラジリアンパーカッションのライブが催されます。
(19時より広島市中区薬研堀"スマトラタイガー"でのライブも行われます)

詳細についてはリーフレットをご覧ください。[画像クリックで別ウィンドウで拡大します]

20160509_brazil_1.png 20160509_brazil_2.png

タイ 旧正月行事「ソンクラーン」(水掛け祭り)が国泰寺様で開催されました

2016.04.16

20160416_songkran_01.jpg

4月16日(土)、西区己斐の国泰寺様(野間住職・曹洞宗)において毎年恒例の広島日タイ友好協会(吉村恵洋会長・普門寺住職) 主催「ソンクラーン」(通称水掛け祭り)がタイ留学生、広島タイ語教室関係者、広島日タイ友好協会役員・会員など多くの参加者が集まる中開催されました。

「ソンクラーン」とは
タイの旧正月をお祝いするもので、家族全員で仏像や仏塔に水を掛けて清め「年少者から年長者の手に水を掛けて敬う」という尊い行事です。

一番上の舎利塔にタイから送られたお釈迦様のご真骨が安置されています。

20160416_songkran_02.jpg 20160416_songkran_03.jpg

舎利塔のドーム天井のステンドグラスがとても素敵です。

20160416_songkran_04.png

日本・タイ両国のお経が勤められました。

20160416_songkran_05.jpg 20160416_songkran_06.jpg

タイ国王管理社会福祉国民会議から贈呈された二体のお釈迦様のお姿に礼拝した後清浄なるお水をお掛けします。

20160416_songkran_07.jpg 20160416_songkran_08.jpg

タイの留学生が僧侶、年長者の手に尊敬と感謝の意味を込めてお水を掛けます。お水の供養を受けた人はそれぞれ留学生にお祝いの言葉を掛けます。

20160416_songkran_09.png

儀式が終了すると同時に水を掛けあってお祝いします。この時僧侶には絶対お水を掛けてはいけないことになっています。

20160416_songkran_10.png

広島仏だん通り祭 "ブッダ'sバースディ" が開催されました

2016.04.08

4月7日(木)、広島市中区の仏だん通りで、
広島仏だん通り祭 "ブッダ'sバースディ"が開催されました。

当日は朝から生憎の雨。目玉のパレードは雨天中止ということで、昼を過ぎても降り続く雨にあきらめムードが漂っていましたが、夕方頃には雨が上がり、何とか予定通り行う運びになりました。

20160407_buddha's_birthday_.png

19:00、堀川町のレックスビル前から行列がスタート。雅楽を奏でる讃嘆衆に続き、華やかな法衣を纏った広島青年僧侶春秋会の若手僧侶の皆さんが、夜の街を練り歩きます。店前に立って行列を眺める店員さん、スマートフォンを取り出して撮影を始める通行者の方など、皆さん珍しい行列に興味津々です。

20160407_buddha's_birthday_2.jpg 20160407_buddha's_birthday_3.jpg 20160407_buddha's_birthday_4.jpg 20160407_buddha's_birthday_5.jpg

夜の街を抜け、銀山町の徳栄寺様に行列が到着。
たくさんの手作りキャンドルでライトアップされた、普段と全く違うムードの本堂に進み、内陣の手前にしつらえられた誕生仏に甘茶を掛けてパレードは終了。

20160407_buddha's_birthday_6.png

続いてお勤めがされた後、雅楽"越天楽"の演奏が行われました。
キャンドルによる仄明るい照明も相まって、本堂が幽玄な空気に包まれました。

20160407_buddha's_birthday_7.png
20160407_buddha's_birthday_8.jpg

最後に安芸津の妙専寺 田坂師によるご法話が行われました。
誕生仏(お生まれになった後、7歩歩いて天上天下唯我独尊と仰ったお釈迦様のお姿)の事を皮切りに、執着して地獄行の種を作りながら、最終的に手にしたものさえすべて手放して虚しく終わる私たちの人生が、そうはさせない、必ず救うと見守り・働きかけて下さっている仏様によって、私が私で良かったと思える、意味のある人生として全うすることが出来るようになる、という内容を分かりやすくお話し下さいました。

少し敷居が高く感じてしまいがちなお寺や仏教が、身近に体験できる一日だったと思います。

(呉市音戸町) 法専寺様 「大瀬戸千嶋 音戸の春風コンサート」開催のお知らせ

2016.04.04

20160417_ondo_harukaze.jpg

4月17日(日)、呉市音戸町の法専寺様にて、初参式と記念コンサート
「大瀬戸千嶋 音戸の春風コンサート」
が催されます。

詳細につきましては、リーフレットをご覧ください。[画像クリックで別ウィンドウで拡大します]

前の10件 1  2  3  4  5  6  7

経済産業大臣指定 伝統的工芸品製造元

三村松の自社工場

三村松の安心

三村松の採用情報

facebook 三村松公式アカウント

仏壇市場

文字の大きさ