店舗からのお知らせ

2018.11.22 (東区尾長西) 極楽寺様 報恩講

【本社】

20181122_gokurakuji_01.png

11月22日(木)、東区尾長西の極楽寺様にて報恩講勤行が勤修されました。

11時半からのお斎では精進料理のお弁当や前坊守様特製の煮豆がふるまわれ、それから13時からの法要までの間お持ちしたお仏具の展示即売をさせて頂くと共に、恒例行事となっている真宗大谷派のお仏壇のお荘厳の説明をさせて頂きました。もう耳にタコができるほど聞いて良くご存知の内容にも拘らず、真摯に説明を聞いて下さるご門徒の皆様の優しさには本当に感謝しかありません。

20181122_gokurakuji_02.png

13時から報恩講の勤行、続いて長崎の佐世保別院の列座、澤田毅師による法話が行われました。
毎年私も楽しみにしている澤田先生によるご法話。今回は「土(ど):対象との関係性」がテーマで、新聞と新聞紙では同じものを指していても意図していることが違う(読むのか他のことに使うのか)をたとえに、私たちがお互い呼び合うことで繋がりが出来ていることや、その役割としての繋がりが苦しみを生み出していること、役割に閉じ込められない本当に尊い仏様との土に足を付けるにはひたすらに念仏するしかないと親鸞聖人が仰ったことなどについて、面白い実話を交えてわかりやすくお話下さいました。

20181122_gokurakuji_03.png

本社のお知らせ一覧へ戻る

文字の大きさ