店舗からのお知らせ

2017.12.29 徳行寺様 御仏間金紙貼り施工・御内仏納品

【八木本店】

先日、広島北組、亀山の徳行寺様におきまして
新築された庫裏(『くり』と読みます。お寺様の居住場所)のお仏間に金紙貼りの施工と、
皆様が手を合わせるためのお内仏を納品させて頂きました。

こちらが施工前のお仏間です。新築でとても綺麗ですね(^^)
yagi-kuden5.JPG
この板張りのお仏間に金紙を貼っていくわけですが、通常の壁紙のようにクロスをペタッと
貼っていくわけではありません。 簡単ではありますが以下に施工手順をご紹介します。


yagi-kuden.JPG yagi-kuden2.JPG
1.釘打ち・パテ埋め               2.下地和紙貼り(二重貼り)


yagi-kuden3.JPG yagi-kuden4.JPG
3.金紙貼り                   4.お内仏(宮殿)ご安置  


金紙貼り施工は下地の板に小さな粒が残っているだけでも表面に浮き上がってきたりします。
なので板のササクレを取るためにパテ埋めをしたり、徹底的な下地処理が必要になってきます。
そして【袋貼り】という、和紙の四方だけに糊付けをして中央に空気を入れ膨らませながら貼る
という特殊な技法を用いたりと、熟年の職人さんにしかできない工法なのです。

そして金紙は非常にデリケートで高価。お内仏をご安置する作業は私もお手伝いさせて頂きましたが、
納品の何日も前から緊張しっぱなしでした(^^;)

yagi-kuden5.JPG yagi-kuden6.JPG
         施工前                    施工後

お内仏をご安置させていただいた後に、ご住職様より
「大掛かりな新築工事だったが、ここが完成した事が一番嬉しい!」
とのお声を掛けて頂き、非常に嬉しい気持ちになったのと同時に、
今回の施工・納品に携われた事に感謝の気持ちでいっぱいになりました(>ω<)



八木本店のお知らせ一覧へ戻る

文字の大きさ